カメラ高価買取のポイント

売ることを決めたとはいえ、愛用のカメラにはできるだけ高い価格がついてほしいものですね。キャノンのカメラに限らず、最も大きな高価買取のポイントは「どれだけ状態がよいか」。状態とは、本体に傷がない、レンズに誇りや曇りがない、などカメラがキレイであること、だけではありません。発売日からどのくらい経っているかも状態の一つ。新しい機種であればそれだけ高価買取につながります。カメラやレンズの価格は新モデルが発売されると大きく下がります。カメラを使わなくなったときは、なるべく早く買取を検討しましょう。カメラを買ったときから、新しいカメラを買ったときから、レンズに保護レンズを付けるなどしておけば、査定額は大きく変わります。

キャノン
引用:
カメラ買取サイト_カメラ高く売れるドットコム

付属品が揃っているかどうかも、査定に大きく関わります。バッテリーや充電器など、カメラがすぐ使えなくなるような付属品の欠品は買取対象外になることも。元箱があるかどうか、が査定に関わる業者もあるほどなので、購入時に附属していたものはすべて保管しておくようにしたいものです。

そして、一つの業者の価格だけで決めないことも重要。最近は、機種名やカメラの状態を入力するだけで、簡単に見積もりしてくれるオンラインサービスもあります。事前にだいたいの価格を把握して、納得できる価格になるよう交渉してみましょう。

もし、手持ちのカメラがキャノンなら。カメラの買い替えを考えているなら。買取サービスを利用すれば、次のカメラの購入資金の足しにできるかも。ぜひ、あなたのカメラライフをより豊かにするために、買取を検討してみてください!

純正ならレンズも高価

レンズカメラの買取業者が買い取ってくれるのは、カメラ本体だけではありません。レンズやストラップ、カメラバッグなども買い取ってもらえます。中でもレンズは、レンズ単体で購入する人が多いため、高価買取が期待できる部品。キャノンの純正レンズは、フィルムカメラ時代からレンズにAFモーターを搭載しているため、キャノンのカメラであれば、共通して使用することができるので、幅広いカメラ愛用者に人気です

本来、カメラの買い替えは、同じメーカーのものを購入していくことが原則ですが、各メーカーが異なる特徴のカメラを頻繁に発売している現在、異なるメーカーのカメラが欲しくなることもあります。その際は、思い切って、もっていたレンズをすべて買い取ってもらうのも一つの方法。カメラにはまっていくと、ズームレンズでは物足りなくなり、単焦点レンズをいくつか買い揃えることも多いもの。また同じメーカーのカメラを買うかもしれない、と使わず持っているより、早めに、まとめて買い取ってもらったほうが、カビや曇りなどの心配がなく、高値がつきます

キャノンのカメラなら、フィルムカメラも買取対象になっていることが多いのもうれしいところ。実はキャノンは、現在もフィルムカメラを販売しています。過去の機種をコレクションしているマニアもいるため、壊れていないフィルムカメラに高値がつくことも。押入れの奥にしまいこんだままにしておくのはもったいないかもしれません。

中古も人気のキャノン

キャノンは、EOSKissシリーズに代表されるように、初心者向けのシリーズも高性能で人気のメーカーです。スポーツ関係のカメラマンに圧倒的にキャノン愛用者が多いことからわかるように、キャノンの特徴はオートフォーカスが早く、動く被写体に強いこと。子どもや動物など動きのあるものの撮影に適していることから、ファミリー向けとも言われます。

人気のメーカーだからこそ、中古市場でも比較的高値で販売されています。人気があり高値で売れるということは、買取価格も高値がつきやすいということ。販売10年以内のカメラであればおもったより高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。入門機の一眼レフカメラのEOSKissシリーズでも、3万から5万程度の価格がつくこともあります。

カメラ中古市場で一番人気があるのは一眼レフなので、もちろん一眼レフカメラがもっとも高額査定が期待できます。ですが、ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラも人気なのがキャノンの魅力。ものによっては、他のメーカーでは買い取ってもらえないコンパクトデジタルカメラも買い取ってもらえることがあります。人気のIXYシリーズで、1万円近くで買い取ってくれる業者もあり、使わず眠らせておくより買取に出したほうがよいでしょう。

カメラ買取キャノン編

カメラ君カメラがブームになり、デジタルカメラは次々に新しいものが発売されるようになりました。フィルムカメラの時代であれば、一つのカメラを長く使い、子どもの代にゆずっていく、などの使い方もありましたが、現在は、電化製品のように、高性能のものに買い替えていく人がほとんど。ですが、特にデジタル一眼レフカメラはすぐに買い替えられるほど安価なものではありません。

あなたが買い替えようと思っているカメラがキャノン(Canon)の一眼レフカメラなら、キャノンの一眼レフカメラに買い替えるのがオススメ。手持ちのレンズがそのまま使えるからです。キャノンは、ニコン(Nikon)と並び、カメラを持っていない人でも知っているカメラの二大メーカーの一つです。カメラを販売している店舗に行けば、必ずキャノンの製品が販売されています。キャノンの歴史は古く、1930年代にはカメラを製品化していたほど。デジタルカメラの時代になってもキャノンは、初心者からプロまで幅広いユーザーに人気のメーカー。コンパクトデジタルカメラからビデオカメラまで幅広いラインナップを持っていますが、その中でも、デジタル一眼レフカメラは、約50%のシェアを誇っているのほどなのです。

そんな人気のメーカーのカメラだからこそ、買い替え時には古いカメラを買い取ってもらいましょう。高いシェアを誇る、人気のメーカーだからこそ、キャノンのカメラは買取の際にはとても有利です。

このサイトでは、より満足のできるカメラの買取を実現するよりため、買取ポイントをご紹介します。